スマートフォンが故障した!SOS情報サイト

>

どんなお店に出したらいいの?

専門店と代理店の違いとは?

専門店とは基本的にお持ちのスマホを契約し月々の使用料を支払っている会社のことを指します。
また、専門店には代理店とは違いお持ちのスマホの専門的知識を有したサポーターがいます。
ただし、時間がかかる場合が多いです。
時間に余裕を持ちましょう。
しかし、代理店に専門的な方がいないという訳ではありません。代理店の利点についてお話します。
「時短!安価!」が売りですので、時間を割けない方などは代理店に一度相談してみましょう。
その時は機種名を忘れずにメモしておきましょう。
代理店は専門店とは違い多くのスマホの種類を扱っています。
その中で機種名が分からないと、そのスマホに使われている部品などがすぐに分かりません。
また事前に連絡したとしても実際店頭に持っていったら話と違う、などトラブルにもなりかねません。
ここはよく注意しておきましょう。

結局どちらの方が良いのか?

ここで代理店の安価の秘密を知らなければなりません。
安価で素早く修理が可能なのか、それは純正の部品を取り扱っているのが少ないからです。
では何製なのかというと大体のお店が中国製を扱っています。
中国製と聞くと少々引いてしまう方もいらっしゃるかと思いますが、実際見比べてみると純正の製品と殆ど違いが無いほどに精巧につくられています。
更に、一度に大量の生産をしている為コストが抑えられて価格が安いということに繋がっています。

それなら純正じゃなくてもいいじゃないか!
しかし、此処で一つ問題があります。
先述したお持ちのスマホの保証契約についてです。
これはお店によって規約が異なるので一概には断言できませんが殆どのところでは一度でも代理店(非純正)の部品で修理するとそのスマホは保証外になってしまう恐れがあるのです。
保証外になってしまうと次に修理をしたいとき専門店では修理を断られてしまう可能性があるということです。


TOPへ戻る